ケアプロセス

 ライトアットホームではご利用者のニーズとケアの目的から適したケア計画を立案します。立案に際してはケアマネージャーやケースマネージャー等と綿密に打ち合わせの上、必要に応じてすすめすることができます。またご利用者とも打ち合わせを進める中で、ご利用者にできるだけ適したヘルパーを派遣するよう努めます。

  1. 最初の訪問と打ち合わせ
  2. サービスプラン立案
  3. ヘルパーマッチング
  4. サービス提供
  5. ケアサービス管理と報告

ヘルパーマッチング
ライトアットホームではできるだけご利用者様に合ったヘルパーを選択し、派遣したいと考えています。ライトアットホームのヘルパーマッチングシステムは求められるケアの内容、ご利用者様の特徴やご要望等の複数の項目を基準に独自のマッチング度にて判断します。もちろんシステムだけに頼るのではなく、定期的なアセスメントを通じて、より快適にケアを受けて頂く環境を整えます。

ケアサービスの管理と報告
ライトアットホームではご利用者へのケアに関する記録をつけています。 それらの記録はご利用者のご要望に応じていつでも閲覧できるよう、正しく保管しております。ライトアットホームのサービス責任者は記録と定期的なお客様宅訪問を通じ、ケアの実施状況とお客様の満足度を評価する為に適切なアセスメントを実施しています。

"最初のご利用者は89才でした。92才で他界されるまで、私は長い時間をご利用者と一緒に過ごしました。お客様がかつて聖歌隊の責任者を務めていたこともあり、聖書を読んで聞かせたり、一緒に歌ったりしたものです。大好きだった『大きな古時計』の歌を、ご利用者のお葬式でも歌わせて頂きました。また看取りにも同席を許されましたが、決して忘れられない神聖な時間だと感じました。同時にこれこそ私の望んでいた生き方だと確信した瞬間でした。
"

カレン スティーブンス( 2009年最優秀ヘルパー)