RightCareシステム

ライトアットホームでは、ご利用者とご家族の生活の質を改善する目的(Right Mission)のため、適したヘルパーを選び(Right People)、ヘルパーと打ち合わせながらご利用者にあったケア(Right Service)を提供し、ご利用者宅での実績を評価管理(Right Approach)するシステムツールを用意しています。ライトアットホームでは、これらの4つのケアプロセスを総称して、Right Care (ライト・ケア)と呼んでいます。

 

“The Right Care, Right at Home”

Right People

正しい人(Right People)を採用するところから、ライトアットホームの品質は始まります。ヘルパー採用に際し、ライトアットホームでは日本の雇用に関する準拠法に則った上で、米国で培われた採用プロセルに加えて、一流企業でも採用されている基準を設けています。以下はそのプロセスの一例です。

  • 経歴等の確認
  • ケア・スペシフィック・インタビュー
  • 適性試験、コンピテンシーテスト

ご利用者とご家族全員が安心してケアを受けられるために、必要な保険をかけて対応しています。またヘルパーに対する健康診断の義務付けや労災補償等、ヘルパーも安全管理についても最大の注意を払っています。

Right Services

ご利用者に正しいサービス(Right Service)を提供する事がライトアットホームの品質につながります。ご利用者のニーズに的確に応え、柔軟性をもって対応いたします。その為に米国で培った多くご利用者の症例を活用し、日本のケアに役立てています。

Right Approach

ご利用者の信頼を得られるよう、ライトアットホームは正しいアプローチ(Right Approach)を常に模索しています。その基本アプローチが4つの約束(「即時対応」、「「適材適所」、「柔軟対応」、「安全提供」です。これらのアプローチの元、ご利用者に安心してサービスを受けて頂ける様、努力を続けます。

Right Mission

ライトアットホームのミッションは、ご利用者が住み慣れたご自宅で健やかに生活を続けて頂ける様、ご利用者のクオリティオブライフ(QOL)の改善に奉仕する事です。このミッションを体現する為に最前線で働くヘルパーから、バックボーンとなる本社まで一貫して、その遂行に努めます。時に迷った時には、正しい判断ができるよう、このミッション(Right Mission)に立ち返ります。

“The Care That’s Right, At Home”

図1

"私のヘルパーさんの仕事ぶりは、実に見事です。 これまでこのようなケアを経験したことはありません。思いやりのある、素晴らしい人だと感じました。"

J. ドロシー