ライトアットホームで働くヘルパーの声

米国ライトアットホームに寄せられたヘルパーの皆さんの声を紹介します。

私はヘルパーとして、ご利用者が日常生活で困っている事のお手伝いをします。ご自宅で今まで同様の生活を送って頂けるよう、全力でサポートします。お客様に寄り添えることが、とても誇りです。

A. タミ(ヘルパー)

最初のご利用者は89才でした。92才で他界されるまで、私は長い時間をご利用者と一緒に過ごしました。お客様がかつて聖歌隊の責任者を務めていたこともあり、聖書を読んで聞かせたり、一緒に歌ったりしたものです。大好きだった『大きな古時計』の歌を、ご利用者のお葬式でも歌わせて頂きました。また看取りにも同席を許されましたが、決して忘れられない神聖な時間だと感じました。同時にこれこそ私の望んでいた生き方だと確信した瞬間でした。

カレン スティーブンス( 2009年最優秀ヘルパー)

自分が提供するケアは、ご利用者に役立っていると実感しています。この「喜び」を知ったことが、最大の成果です。

K. ミコール(ヘルパー)

ご利用者の個性に応じたケアができることは、名誉なことであり、私がRight Care賞を授与されたことも大変光栄なことでした。この賞はご利用者の笑顔と同じくらい特別です。
会社からの評価を期待して働くのではなく、ご利用者の事を第一に考え、ご利用者のために働くことができるヘルパーの仕事が大好きです。

パトリシア(2008年優秀ヘルパー)

米国ライトアットホームの暖かくて親しみやすい雰囲気と、サービスマネージャーの率直で正直な性格に感動しました。ライトアットホームのメンバーは、良いチームであり、家族の様です。 サービスマネージャーは私たちの支えとなり、その経験と知識で励ましてくれます。

D. アンジェラ(ヘルパー)

"米国ライトアットホームは非常にユニークな在宅ケアサービス会社です。ヘルパーさんはご利用者とその家族と信頼関係を築いていると感じます。お客様に合ったヘルパーさんを派遣するプロセスこそが、「ご利用者の喜び」の基盤にあると思います。"

M. キム(看護師・ケースワーカー)