認知症

 自宅で認知症の方と共に暮らすご家族の多くは、色々なご苦労を抱えている事が普通です。ご家族を精神的にも肉体的にもサポートする事が、認知症の方との生活を長く続けるキーとなります。

ご家族の皆様にとって、認知症の高齢者と共に暮らす方は多い事を知る事がケアの第一歩です。

  • 日本の認知症者数は推計約462万人(2013年厚労省研究班)
  • 日本の85歳~89歳の高齢者の約4割、90歳~94歳の約6割が認知症(同上)

  認知症の初期~中期においては、在宅でケアを受ける事が米国でも一般的です。また半数以上は最期まで在宅で生活をされ、そのケアの担い手の8割はご家族か友人となっています。その為、ライトアットホームは米国同様に日本でも認知症のご利用者様へ在宅でのケアサービスをご提供します。

  • 通常の身体介護及び生活支援サービス
  • 慣れた場所での散歩やくつろぎ時の同行
  • 認知症特有のストレスを軽減する接し方
  • 日常生活(時間的・場所的・対人)サポートとスケジュール

※サービス内容は介護保険を適用するかどうかで異なります。詳しくはサービススタッフまでお問い合わせください。

"祖母が転倒して怪我をしたあと、介護を米国ライトアットホームに依頼しました。ヘルパーさんの人柄も素晴らしく、全てにおいて完璧でした。祖母もふさぎ込むことなく、元気に回復しました。ありがとうございました。もし将来、私に介護が必要になった場合は、絶対ライトアットホームにお願いします!"

ドメロウスキ J.