障がい者ケア

メンディーが生まれる前に、既にジョーとロイスには障害がある子供だということがわかっていました。 ロイスがまだ妊娠中、メンディーはダウン症と診断されました。しかし、メンディーは、持ち前のねばり強い精神と豊かな感性で病気に負けませんでした。メンディーが20歳と超えた時、アパートでの自立した生活をはじめました。 もちろん両親には、彼女が成人したとは言え、少しの見守りと援助が必要だということは分っていました。しかし、両親があまりに干渉しすぎると、メンディーが反抗的になるだろうということは予想できました。

両親は、メンディーをヘルパーに紹介しました。マンディーがうまく生活できているか、何か必要としていないかを確認するためにアパートに訪問します。 メンディーは、2、3日毎に2時間ほど訪れるヘルパーの訪問を楽しみにしています。ケアはメンディーの家事を手伝うか、彼女の買い物の付添です。この経験が、メンディーと彼女の両親の絆を深めることになりました。

ライトアットホームは、多くの生活援助、家事全般のサービスなどを提供します。

  • 家事全般
  • 趣味、話し相手
  • 本、新聞などの代読
  • 新聞、郵便の受取り
  • 食料雑貨買い物の付添
  • 安全見守り

"最初のご利用者は89才でした。92才で他界されるまで、私は長い時間をご利用者と一緒に過ごしました。お客様がかつて聖歌隊の責任者を務めていたこともあり、聖書を読んで聞かせたり、一緒に歌ったりしたものです。大好きだった『大きな古時計』の歌を、ご利用者のお葬式でも歌わせて頂きました。また看取りにも同席を許されましたが、決して忘れられない神聖な時間だと感じました。同時にこれこそ私の望んでいた生き方だと確信した瞬間でした。
"

カレン スティーブンス( 2009年最優秀ヘルパー)