Care Transitions FAQs

Q: 「ケア・トランジション」という語は、何を意味しますか?
A: 「ケア・トランジションとは、慢性疾患の子供たちであれば各期(初期:10~12歳、中期:13~15歳、後期:16~18歳)小児医療から成人医療への移行に向けて、あるいは高齢者であればその病期によって、彼らの状態とケアが慢性であるか急性であるかなどの経過、変化を通して、患者が健康管理開業医とプロバイダーの間で行う移行活動を指します。 たとえば、患者は、訪問看護の入る介護施設、さらにもう一つのケアチームへと移る前に、つまり入院中にPrimary Care Provider(PCP)または外来患者セッティング、移行の専門家から病院の主治医と看護チームまでのケアを受け取るかもしれません。 そして最後に、患者は自宅へ帰るかもしれません、そこで、彼/彼女は訪問看護師からケアを受けます。 ケアプロバイダーとセッティングからのこれらの交替制の各々は、ケア・トランジションと定義されます。」

Q: 防止できる再入院(所)につきメディケアへの平均原価は、いくらですか?
A: メディケアPayment Advisory委員会は病院再入の最高76%が防止できる場合があると見積もります、そして、防止できる再入院(所)につきメディケアへの平均原価は7,200ドルです。

Q: なぜ、病院はケア・トランジションプログラムに興味を持っていますか?
A: それら再入院がもたらすメディケアからの支払額に衝撃を受けた瞬間から、メディケア出費への差し迫った歳出カットのため再入率を減らすための十二分な動機を病院へ与えます。

Q: どのように、新しい衛生法規は、再入院に影響を与えますか?
A: 健康改革がまだ始まったばかりの間、専門家らは以下のようにして再入院に影響を与えると推測しました; 「2012年に、保健社会福祉省(HHS)は各々の病院の再入院実績を公表します、そして、メディケアは健康状況(例えば心臓麻痺または肺炎)から予防できる再入院への支払を中止します。 2014年に、HHSは、4つの更なる健康状況をカバーするその方針を拡大します。」[ii]

Q: すべての再入院は妨げられなければなりませんか?
A: いいえ、すべての再入院が防止できるというわけではありません。 その理由が最初の入院に関連がない場合、患者が病院に戻るのを妨げてはいけません。 たとえ原因が当初の入院の理由に関連するとしても、必要である場合もあります。予防できる再入院を減らす目的は病院のコスト削減ではあります。患者以外の費用が派生してはいけません。

Q: 再入院率を減らすことと関連した危機的な時間枠は、どれくらいですか?
A: 保健社会福祉省によると、「退院する5人に1人は、30日以内に認められます」。この 30日の時間枠は、大部分のケア・トランジションプログラムが彼らの努力を集中させている期間です[iii]; しかし、高齢者が典型的に最も疲れていて脆弱な時間で、危機的なのは退院から72時間後が特に重要です。

Q: セッティングに関連したひどい移行といくかの問題のは何ですか?
A: 以下は、移行管理の不手際な事例と関連したいくつかの結果です:
情報は連想性なくしばしば断片的です、要は、セッティングの間のミュニケーション不足があります;
患者と彼らの出入りのヘルパー側の誤解または混乱がしばしばあります。
どのように、そして、誰が彼らのケアを管理しなければないかが問題です;

・薬物エラーは、指示、薬物固守、薬-薬物相互作用と処方箋コピーによる誤解、間違いのために発生する場合があります;
フォローアップの不十分さや経験不足のプライマリーケア・プロバイダー(PCP)によります;
選択肢や一般的な知識不足が、多くのコミュニティの中に(すなわち在宅ケア・プロバイダー)にはあります。

Q: どのように、ライトアットホームサービスは、効果的に予防できる再入院率のを減らすためにケアの移行を改善するのを助けることができますか?
A: ライトアットホームのヘルパーは、以下のようにして在宅患者を援助することができる場合があります:
危険な兆候を観察して、文書を提供し、患者が不利な状況に陥らないよう患者の経過に関して病院(またはPhysician)に報告します;
・適切なフォローアップのための医師訪問後、移動支援を 行います;
・内服確認を行い、クライアントの飲み忘れを防ぎます;
・患者の食事の規制を厳守するための食事準備を提供して ください;
・転倒予防のための歩行援助を行ってください

Q: 誰が、ケア・トランジションプログラムの代償を払いますか?
A: 病院の多くは、基礎、補助金または政府資金による研究費用のような代替の資金を提供ソースにあてるかもしれません。 これはこのプログラムが、長い目で見れば病院にとってお金の節約になるので、プログラムの資金を充てる場合もあります。 特定の干渉またはケア・トランジションモデルを使っているさらに他の病院は、メディケアAdvantageと従来のメディケア診療ごとの支払い決済システムと互換性を持ちます。 この例では、病院はたぶんプログラムupfrontの代金を払い、彼らのプログラムの成功に基づいて、後で償還されます。 [iv] 病院は、全3つの資金提供オプションの若干の組合せを使うかもしれません。 病院がプログラムの代償を払う気がないならば、彼らは他のケアプロバイダー(ライトアットホームのような)を通し、サービス料金を払って利用することを奨励するかもしれません。

————————————————–

[i] The Care Transition Program: http://www.caretransitions.org/definitions.asp

[ii] CNNMoney.com: http://money.cnn.com/2010/04/29/news/economy/healthreform_hospital_fines/index.htm

[iii] Department of Health and Human Services Press Release http://www.cimronebraska.org/Topic%20Improvement%20Documents/Care%20Transitions%20National%20Press%2 0Release.pdf

[iv] The Care Transition Program: http://www.caretransitions.org/definitions.asp

"I was impressed immediately with a friendly atmosphere and warm the office, to be honest a very frank towards the owner.
And I felt more comfortable at home and very "her". "Helper" that person is not a mere employee. We are a team and family. We and care to each other, we will mindful as well. "She" has become supportive under the circumstances placed us, and encouragement in the knowledge and experience, you by my side at any time."

Angela D.