Right at Home Supports Moving Day to Benefit Those With Parkinson’s Disease

移動:Rome、- GA、- Washington D.C.- Pittsburg,
<全国パーキンソン財団就任イベント>
ライトアットホーム社は在宅ケアのリーダーであり、全国パーキンソン財団のチャンピオン・スポンサーです。この就任イベントは、パーキンソン病とともに生きる人々のためにその認識を上げるためと資金集めのためのイベントです。就任の「Moving Day」フェスティバルの雰囲気は、パーキンソンに悩む多くの人々の重要性を強調するようなイベントとなっています。イベントは、親しみやすいように短時間で、家族の散歩、軽食と音楽を楽しむものになっています。これに加えて、健康とより良い生活のためのデモンストレーションを実施 -ヨガ、タイ系Chi、ダンスとPilates – これらはパーキンソン症状をコントロールすることにも役立ちます。
「わたしたちは、この歴史的なイベントで全国パーキンソン財団とのパートナーになれて光栄です」と、アレン・ヘイガー(ヤード社会長とそのCEO)は言いました。
「共に、このパーキンソンを患う人々のために生活の質を改善することを望みます。」

2011年の秋には、Moving Dayは、3つの場所の3,000人以上の参加者を見込んでいます:
10月 ピッツバーグ(PA)の1
10月 ワシントンD.C.の16
10月 ローマ(GA)の22
米国のおよそ100万人がパーキンソンによって影響を受けています、そして、数は国の人口の加齢のために次の20年でかなり増加することになっています。 全国パーキンソン財団は、研究、教育と援助活動を通してパーキンソンそのものと人々のために医療の質を改善するための主要な組織です。
詳細は、国家パーキンソン財団Moving Dayウェブサイトをご覧ください。

"In home care services of other establishments, there is no place that is comparable to the light at home. When I fed into someone's home helper, and you know that it is not only for them to work simply, they also have built also the relationship. In the process of deploying them, is done carefully in order to place the staff to match the needs of the patient. I think there is the foundation of the "happy many patients" is what this process. To them, there is a passion and a sincere concern for the elderly."

Kim M., RN, Clinical Case Manager