Who We Are

ライトアットホームは、アレン・ヘイガーによって創立されました。長年、アレンは病院管理者としてヘルスケアで働きました。
病院間勤務の間、彼は多くの患者を見てきました – 特に高齢者 – 病院を退院し自宅に帰っても、必ずしも健康な生活に戻るとは限りませんでした-
一旦戻った家で、多くの患者は、元のように自分自身が好きなことができませんでした。
アレンは、少しの援助で、これら大部分のの人々が自身の家で健康的な、幸せな生活を送ることができるということを知っていました。
しかし彼はまた、この種の援助を提供する会社が極めて少ないことも知っていました。 しかしながらアレンは、直ぐには自分でその世界に飛び込んで、フランチャイズ化する会社を始めませんでした。
先ず最初に彼は、異なる種類の難問を理解するため多くの家族とケアの種類としてどういうものが助けになるのかを調べました。
それから、彼は専門の援助を必要とする人々との必要性を理解し経験するために、公認看護アシスタントになりました。
1995年に、アレンはオマハ(ネブラスカ)で、ライトアットホームを始めました。
5年後彼は、人々をケアする情熱を共有したFC加盟店を慎重に選ぶことによって国の他の地域に広め始めました。
ライトアットホームは現在、アメリカ合衆国の全域で何千ものクライアントに貢献する200以上のオフィスを持っています。 USA以外では、イギリスとブラジルにもまた事業所があります。

"The first client, and I was 89 years old, until she passed away at 92 years old, I will spend together 24 / hour / W with her eventually. , And I thing was let by reading the Bible to her, there is also that it was the director of the choir of the church her​​, we sang the song together.
She, I wanted you love her sing - sang this is me in the funeral of her - "Cross craggy old". When she smelt pull the last moment breath, there were with her I am. It'll never forget that moment, and was the moment very sacred. It was a moment when I wake up that my career so far is now a thing of their own with confidence, This is what, was a way of life that had to face my very."

Karen Stevens, 2009 RightCare Winner